キッチンの床下の水漏れの原因と修理方法

キッチンの床下の水漏れの原因と修理方法

台所で作業中に突然水が溢れ出してしまったり、家に帰ってみたら台所周辺の床が水浸しになっていた。といったような経験をして人もいると思います。
そこまでいかなくとも、気がつくといつも蛇口からポタポタ水がしたたり落ちる。といった水漏れも気になりますね。
大量の水が漏れてしまった時大半の人は突然のことに驚き、慌てて修理業者に連絡をとる人も多いのではないでしょうか。けれど、安心してください。
あらかじめ、水漏れに対する知識があれば慌てることはないのです。
キッチンの水漏れに対しては、その知識をもとに原因を特定し、なおかつその状態によっては自分自身で修理をすることもできます。
そこでキッチンの床下の水漏れの原因と自分でできる修理方法について調べてみました。

キッチンの水漏れの原因として考えられること

水漏れの原因はいろいろとありますが、主に考えられることは下記の4点についてでしょう。

  • 経年劣化
  • 損傷
  • 固形物の詰まり(残飯や脂分など)
  • 掃除・メンテナンスをしていない

経年劣化

排水管などの部品は長年使い続けていると、自然に劣化してしまいます。
特にメンテナンスなどをせずに長年使用し続けた場合、内部の部品が知らない間に劣化していることは珍しくありません。
特にレバーが硬くなってしまう場合はほとんどが内部のカートリッジが劣化しているために起こることが多いのです。
また水漏れ自体の原因としてパッキンなどの内部部品が経年劣化しているケースが多く見受けられます。
ほかにも時間が経つにつれて緑青などが広がってしまう場合もあります。
簡単な部品交換などは自分でできることもあります。

損傷

水漏れの原因の一つに部品の損傷があります。
接合部がずれていたり異物が侵入したことで割れたり穴が空いたりするのです。
基本的に排水管は丈夫に作られているのですが、場合によっては一部が損傷しただけでも水漏れの原因になってしまうのです。
損傷はメンテナンスに失敗した時にもつけられることがあり、扱いには十分に注意が必要となってきます。
ひどい水漏れの場合には床下が腐ってしまったり、地盤沈下が起きてしまうこともあります。

固形物の詰まり

残飯や脂分などをきちんと処理せずに排水溝へ流してしまうことが水漏れの原因となることがあります。
そのほかにも洗剤カスや水垢などが劣化したものや爪楊枝の破片などが詰まりの原因になります。
特に脂分に関してはなんの処理もせずに直接排水溝に流してしまったために、排水溝が脂詰まりを起こしてしまうことがあります。
全く掃除などをせずに詰まりを起こしてしまうと、水が流れなくなってしまいひいてはは排水管の破裂の原因ともなってしまうのです。
賃貸マンションでは複数の排水管が一つの排水管に繋がっているため、脂詰まりを起こすとマンションの他の部屋の人にまで迷惑をかけてしまうことがあります。

最悪の場合、自室の排水管の修繕費用だけでなく他の世帯で水漏れをしてしまった場合の損害賠償や修理代を請求されることもありますので、排水溝に油を直接捨てることは絶対に避けましょう。

ちなみに集合住宅の場合、どこの家が詰まりの原因になったかというのは、さかのぼって調べればわかってしまいます。

掃除・メンテナンスをしていない

なんとなく使い続けているキッチン。
時々は掃除やメンテナンスをする必要があります。
長い期間メンテナンスを怠っていると、そのうちキッチンから異臭がしてくるようになります。
その匂いとは残飯が発酵してしまったり、たまった脂分などの匂いです。
遅くともこのタイミングで水道管の掃除やメンテナンスをしておけば、後になって水漏れなどに悩まなくてもすむのです。
普段からキッチンの掃除を習慣づけるようにすることが大切です。

キッチンのトラブル

水漏れなどキッチンのトラブルの中には、自分で注意していれば防げることも数多くあります。
定期的に市販の洗浄薬を購入しパイプの中を洗浄したり、こまめに排水トラップを綺麗にしておくなどです。
住んでいる住宅が、賃貸でもそうでなくてもキッチンを長持ちさせるためには小まめなメンテナンスは欠かせません。
前述しましたが、集合住宅の場合被害が自宅だけでなく他の家にも及ぶことを忘れないようにしましょう。

よくあるキッチンの水漏れの場所

キッチンの水漏れの原因となる場所はいくつかあります。
まず最初にどの部分が水漏れの原因となっているのかを目で確かめ見極める必要があります。
水漏れの場所として考えられる場所は主に下記の部分です。

  • 蛇口
  • シンクと排水トラップの接続部分
  • シンク全体
  • 排水トラップと排水ホースの接続部分
  • 排水ホースと本体
  • 排水ホースと排水管の接続部分
  • 止水管

蛇口

蛇口に原因がある場合は、下記のような症状が出ます。

蛇口に関する主なトラブル
  • 蛇口をしっかり締めているのに、ポタポタと水がしたたり落ちる
  • ハンドルを回してもきちんと締まらない

蛇口の水漏れの場合、原因はパッキンが経年劣化していることが多いのです。
ですから、パッキンを変えるだけでもこれらのトラブルを解決することができます。

シンクと排水トラップの接続部分

シンク下が水漏れの原因になっている場合もあります。

シンクと排水トラップの接続部分に関する主なトラブル
  • パッキンが経年劣化している
  • シンクと排水トラップの接続部分が緩んでいる

何が原因かは、実際に目で確認しなければわかりません。
パッキンの交換や接続部分の緩みは自分で修理することもできます

シンク全体

シンク本体に問題がある場合は次のような原因が考えられます。

シンク全体に関する主なトラブル
  • シンクの汚れ
  • シンクそのものが損傷している

 

シンクの汚れ

シンクから水漏れが見つかった場合、シンクとつながっている排水管に問題があると考える人が多いのですが、シンクそのものに修理が必要な場合があります。
特に長年使用しているシンクは食べ残しなどで大変汚れています。
シンクの水はけが悪くなることによって、排水管の汚れや悪臭を引き起こし水漏れの原因にもなってしまいます。
シンクの長年の汚れを落とすには市販の水アカ用の洗剤を使用するなどで、メンテナンスをする必要があります。

あらかじめ予防できることですので、シンクを使った後は乾いた布などで水分をよく拭き取ったり、シンクを使い終えたあとにお湯を30秒ほど流すなどの手入れをする習慣をつけましょう。

シンクに損傷がある

またシンク自体に穴が空いてしまっているケースもあります。
その場合は穴の大きさにもよりますが、小さい穴であれば穴を塞ぐことで修理ができます。

ただ一部分だけの補修のケースでは、見栄えが悪くなってしまうこともありますので、綺麗に仕上げたい場合は慣れた業者の人に頼むと良いでしょう。

排水トラップと排水ホースの接続部分

シンク下からの水漏れの場合、排水トラップや排水ホースに原因があるケースが考えられます。
主な原因としては下記のようなものがあります。

排水トラップと排水ホースの接続部分に関する主なトラブル
  • 排水トラップと排水ホースの接続に問題がある
  • 排水ホースの損傷

 

排水トラップと排水ホースの接続に問題がある

シンクの下から水漏れがしている場合、排水トラップと排水ホースが原因になっている場合はとても多いのです。
前述したように排水トラップのゴムが経年劣化している場合や排水ホースとの接続がうまくいっていないケースです。
シンクの下からの水漏れに対しては、シンクの下のどの部分から水が漏れているかを確認しなければなりません。
排水トラップと排水ホースの接続部分から水漏れしているケースでは、接続部分を締めることで水漏れを防ぐことができます。

排水ホースの損傷

また排水ホースが損傷しており、そこから水漏れが発生するケースもあります。
特に長年使い続けたビニール製の排水ホースは経年劣化により亀裂が入ったり、裂けてしまったりするケースがあります。
排水ホースが損傷してしまった場合、ガムテープを巻きつけるなどで一時的な処理はできますが、早めにホームセンターなどで新しいホースを購入し交換する必要があります。
そのほかにも排水ホースが排水管にきちんと繋がれていないケースも考えられます。
何かの拍子に排水ホースが外れてしまい、そのことに気づかずに水が漏れてしまうケースです。
この場合は、排水ホースをきちんと排水管に繋ぐことで水漏れを治すことができます。

止水管

止水管に問題があるケースもあります。この場合気をつけなければならないことは、元栓と止水管の違いを見極めることです。
元栓というのは家全体の水を管理しているものです。
元栓に支障がある場合は、家全体の水回りに影響してしまいます。
止水管というのは、部分的な水の流れを止めるものです。
紛らわしい二つですが、水漏れの原因が止水管かどうかをきちんと判断しなければなりません。
修理の際も元栓の修理は水道局に頼まなければなりませんが、止水管の場合は民間の業者に頼めば修理をしてくれます。
止水管の修理の場合、修理に来てくれるまでに時間がかかることもあります。
その場合、ずっと水が漏れている状態ですので、なんとか応急処理をしなければなりません。
止水管が故障してしまった場合にできる応急処理としては、下記の二点が挙げられます。

  • 元栓を閉める
  • 床を拭いて乾燥させる

以上の二点を守り修理してもらえるまでを凌ぎましょう。
ほとんどの場合キッチンの水漏れは突然始まるわけではありません。
水漏れをした場合に一番大切なことは、どこから水漏れをしているのかを確かめることです。
まず次のポイントについて確認してみましょう。

キッチンの水漏れの場所を確認
  • シンク全体に損傷はないか
  • 排水トラップのパッキンが損傷していないか
  • 排水ホースに損傷はないか
  • 止水管から水漏れをしていないか
  • それぞれの部品の接続部分に問題がないか

キッチンの水漏れの場合、長期間使い続けた結果による経年劣化が原因となって部品が損傷をしているケースが最も多いのです。
またそれぞれの接続部分も正常に機能しているかを確認する必要もあります。
普段から水回りの定期的なメンテナンスを心がければ避けられる水漏れもあります。

水が漏れてしまった場合には自分で修理できる場合もありますので、落ち着いて原因を調べることが大切です。

修理を自分で試す方法

ここでは自分で治す方法を書きますが、基本的には業者を手配して直してもらうことをお勧めいたします。

掃除

本来ならば、定期的に掃除をすることによって詰まりを予防することができますが、なかなか時間が取れなかったりと掃除をし忘れてしまうこともあります。
けれど掃除をすることによって汚れなどをとり、キッチンの水漏れを修理することができます。
具体的な掃除の道具としては下記のようなものが使われます。

  • 液体パイプクリーナー
  • ラバーカップ
  • 専用の掃除用ワイヤーを使う

液体パイプクリーナー

キッチンのトラブルとして最も多いものに詰まりがあります。
これは食べ残したものや油などが排水管に詰まってしまい、そのために水が逆流してしまうトラブルです。
詰まりを防ぐ方法としては、日頃からパイプクリーナーでメンテナンスをすることが挙げられます。
パイプクリーナーにはいくつかのタイプがあります。
家庭でよく使うタイプとしては液体のパイプクリーナーが挙げられます。
液体パイプクリーナーは問題の箇所に流し込むことによって、滑りや汚れを溶かすことで詰まりを解消する働きがあります。
初めて排水管を掃除する場合などはこの液体タイプがお勧めです。
液体パイプクリーナーを選ぶ時の注意点としては、洗浄成分の水酸化ナトリウムの含有量が多く、高粘度のクリーナーを選ぶことです。
粘度が低いサラサラタイプのクリーナーでは汚れが十分に落ちないこともあるからです。
液体パイプクリーナーで定期的に洗浄する習慣をつけることで詰まりを防ぐことができるでしょう。

ラバーカップ

軽い詰まりの場合は、前述したクリーナーでとれますが、もう少し頑固な汚れの場合はラバーカップを使う必要があります。
ラバーカップとは別名すっぽんといい、よくトイレが詰まった時に使われる器具です。
ラバーカップで詰まりを取る場合は、まず洗剤とお湯を流し込んでおき詰まりが崩れやすくなった状態の排水管にラバーカップで圧力をかけて一気に崩すのです。
ラバーカップで圧力をかける場合は、最初はゆっくりと圧力をかけていき、詰まりを崩す時に一気に圧力をかけるようにします。
この時に注意をしなければいけない点としては、圧力を強くかけすぎると排水管を傷つけてしまい水漏れがひどくなってしまう場合があるということです。

この力の入れ具合が難しいので、うまくできない場合はやはり専門の業者に依頼した方が良いでしょう。

専門の掃除用ワイヤーを使う

専門の掃除用ワイヤーというのは、長いワイヤーの先にブラシがついているものを言います。ホームセンターなどで気軽に入手できます。
掃除用ワイヤーの優れた点は、クリーナーなどでは除去できない頑固な汚れを取ることができることです。
ワイヤーでの詰まり解消は次のような方法で行います。

ワイヤーでの排水口掃除の手順
  • シンクの周りを新聞紙などで覆う
  • 購入したワイヤーブラシを組み立てる
  • 排水口にワイヤーブラシを挿入する
  • ワイヤーを回転させながら排水口へ押し込んでいく
  • 一連の作業が終わったら水を流して詰まりが取れたかを確認する

準備するものは掃除用ワイヤーと新聞紙だけですので、頑固な汚れを落としたい場合にはこの方法を試してみる必要があります。
キッチンの排水口の詰まりを自分で修理する際には、以下のようなことを注意しましょう。

  • 臭いや悪臭
  • シンク、配管の破損
  • 修理の失敗による水漏れ

排水口には水漏れを起こすだけの異物が詰まっているので、修理時には強い悪臭がします。
また力を入れすぎたりお湯の温度を上げすぎた場合、シンクが変形したり配管が破損してしまうケースもあります。

自分で修理してみたけれどうまくいかない、という時には無理に修理をしようとせずに業者に頼むことも考える必要があります。

業者に頼む時の注意点

自分で修理することが難しいと感じた場合は、業者に頼みます。
その際にどのような業者を選べばいいのかをみてみましょう。

  • 業者の規模
  • 指定水道工事店かどうか
  • きちんと修理工程や状態を説明してくれるかどうか
  • キャンセルに対する取り決めの有無
  • 料金設定が明瞭かどうか
  • 出張に関する料金設定はきちんとしているか
  • すぐに来ることができるか
  • これまでの実績
  • 急ぎの出張工事に対応してくれるか
  • ホームページが充実しているかどうか
  • 電話対応は良いか
  • 作業員は清潔かどうか

業者の規模

まず業者の規模が大きいかどうかを確認してみることが大切です。
大手ならばそれだけで安心というわけではありませんが、規模の大きい会社の方が安心感があるのは事実です。

指定水道工事店かどうか

指定水道工事店というのは各地域の水道局から水道工事を的確に施工することができる業者として、許可を得ている水道局指定工事店のことを指します。
安心できる業者かどうかの目安になります。
ただ指定を受けていても確実に安心できる業者とは限らないので、口コミなども確認してみる必要があります。

きちんと修理工程や状態を説明してくれるかどうか

業者によっては、いまどのような状態になっているかや修理の工程をきちんと説明してくれない業者もいます。
頼む側は素人ですので、現状や修理工程をわかりやすく説明してもらわなければ、今水道がどのような状態になっているかわかりません。
きちんとわかりやすく説明してくれる業者かどうかも、良い業者を見分ける大切なポイントとなります。

キャンセルに対する取り決めの有無

キャンセルをする場合は、キャンセル料を取らない業者やキャンセル料を払わなければならない業者があります。
キャンセルに対する取り決めはホームページに書かれていることも多いので、依頼する前に念のため確認をしておきましょう。

料金設定が明瞭かどうか

業者を頼むときに一番心配なことといえば、費用がどれくらいかかるかということでしょう。

大手の業者でしたら、ホームページに工事別の料金が記載されています。

実際にかかる料金は現場を見て見なければわかりませんが、料金を明確に伝えてくれる業者を選ぶことが大切です。
水道の修理に関しては、基本的な料金の他に作業にかかる費用や出張の場合の費用なども確認する必要があります。
また業者について調べるときには、基本料金以外の費用も忘れずにチェックしましょう。
一番確実なのは見積もりを出してもらうことです。
見積もりをお願いする場合は最低でも3社に見積もってもらう必要があります。

出張に関する料金設定はきちんとしているか

家の近くに修理業者がいない場合は、遠方の業者に頼むことになります。
遠方の業者に頼む際に気をつけなければならない点は、出張にかかる費用がいくらかかるのかということです。
出張費に関しては、有料の業者と無料の業者があります。
水道関係の業者との付き合いに慣れている人は、出張費や見積もり料が無料の業者を選びます。
きちんとした業者であれば、出張費についてもホームページに載せていますので、確認をして見ましょう。

すぐに来ることができるか

水道の水漏れに関しては、至急の工事が必要です。そこですぐに修理に来てくれるかどうかは重要なポイントとなります。
大手の業者で各地に支店を持っている会社の場合は、最も近い支店が対応をしてくれます。
対応の早さを考えても、各地に支社を持っている大手業者の方は安心できるともいえます。
水漏れが始まってしまったら、いくつかの業者に連絡をとりすぐに修理ができるかを確認する必要があります。

これまでの実績

業者を選ぶ際には、その業者が水道工事に関してどれだけの経験があるかを調べることも大切です。
ホームページを見て見ると、実績のある会社は今まで修理した実績について細かく書かれています。
情報量の豊富な業者を選ぶことも重要なことです。

急ぎの出張工事に対応してくれるか

水漏れが起きて修理を頼む際には、メールではなく電話で依頼をします。メールですと、直ぐに対応してくれない場合もあるからです。
直接連絡を取って、水漏れの状態などを話し出張修理を頼むことになります。
水漏れはいつ起きるかわかりません。
大手の業者の中には24時間営業をしているところもありますので、その点もチェックする必要があるでしょう。

ホームページが充実しているか

業者を選ぶ際に意外と重要なのが、ホームページです。
経験の豊富な業者でしたら、あらゆる施工例や明瞭な料金表など細かい点まで充実した内容のホームページを持っています。
また連絡方法なども直ぐにわかりやすく表記してあります。
ホームページの充実度は大切なポイントです。

電話対応は良いか

緊急の水漏れで電話をする場合、対応がきちんとしているかも大切なポイントです。
電話での対応で、信頼できる業者かどうかがある程度わかります。
きちんと水漏れの状態や、こちらの希望に耳を傾けてくれるかをチェックしておきましょう。

作業員が清潔かどうか

実際に施工をしてくれる作業員の身だしなみもチェックする必要があるでしょう。
作業員が清潔かどうかでしっかりとした修理をしてくれる業者かどうかがわかります。

まとめ

水漏れに対する修理は自分でできるものもありますが、業者に任せた方が確実なケースも多いのです。
例えば接合部分を締め直す作業一つでも、締め具合によっては返って水漏れがひどくなってしまう場合もあります。

水漏れの修理は緊急を要するものが多いので、確実に修理したい場合はやはり信頼の置ける業者に頼むことをお勧めします。