WHO 社員紹介 顔が見えないお客様のお困りごとを解決するご提案をしたい。

WHO 社員紹介 顔が見えないお客様のお困りごとを解決するご提案をしたい。

業務部コールセンターグループ Harakawa Kazuya 原川 和也 入社:2013年4月 出身校:福岡大学法学部業務部コールセンターグループ Harakawa Kazuya 原川 和也 入社:2013年4月 出身校:福岡大学法学部
私の仕事とやりがい私の仕事とやりがい

コールセンターでの管理業務、オペレーター業務が仕事です。1日に2000件~3000件程お客様からトラブルに関するお電話をいただきます。電話対応業務はもちろん、現在は70名程度のアルバイトスタッフをまとめ、新人教育からはじまり、電話応対の指導や、シフト管理、売上管理とコールセンター運営に関わる業務を行っています。主に電話での業務となるため、顔が見えないお客様のお困りごとに対して、最善の解決策をご提案できるかどうかという点が仕事のやりがいであり、一番難しい点でもあります。

私が感じるJBRの3つの魅力
BEST1

チャンスを与える

とにかく自分が「こんなことをやってみたい!」という想いに対して、上司が後押しをしてくれ、実現させるための機会を与えてくれます。

BEST2

困った人を助けるやりがい

お客様のトラブルやお困りごとの最前線で対応するため、多くの人から「本当に助かった、ありがとう」という言葉を直接いただけるのはとても魅力です。

BEST3

責任ある仕事を
任せてもらえる

コールセンターの売上管理や人材採用、そして人のマネジメントなど20代でも責任とやりがいのある仕事を任せてもらえることはとても嬉しいです。

1日のスケジュール
9:30 出社 10:00 オペレーター管理 アルバイトが対応できているかを確認 11:00 入電対応 現場の声を聞くため直接お客様対応 14:00 採用面接 アルバイト採用のための面接実施 15:30 広告打ち合わせ 広告会社と求人広告の打ち合わせ 17:00 売上管理 お客様対応状況数などの確認 18:30 業務報告 一日の状況などをまとめ報告 19:30 退社
応募者へのメッセージ

「会社の駒としてではなく、軸として働ける」JBRはそんな社風の会社です。自分がやりたいことを発信し、実行できる環境はとても魅力的だと思います。会社の規模や知名度に関係なく、社員の位置づけとしてどういった方針を持っているのかはとても重要なことだと思います。もちろん仕事を進めていく中で大きな壁にぶつかることもありますが、その壁を乗り越えることでさらなる成長につながっています。年齢に関係なくチャンスを与える風土は、上場企業である一方で常に新しい挑戦を続ける当社ならではだと感じています。