WHEN JBRの歴史

WHEN JBRの歴史

社長の榊原21歳。
たまたまバイクのトラブルで困っている人を助ける。
その時の「ありがとう」の言葉、
それがJBRスタートの原点となる。
私たちJBRの企業理念は「困っている人を助ける」です。
社長の榊原が学生時代に、バイクのトラブルで困っている人を助けたところ、とても喜ばれた経験から、
これまでなかったバイクレスキュー事業をスタートさせました。
それから20年以上経過した今、私たちはカギ・水まわり・ガラス・パソコンといった日常生活における
さまざまな「お困りごと」を解決する会社としてフィールドを拡げてきました。
1994
有限会社ノア創業
バイクレスキュー事業をトラック一台でスタート。
バイク屋さんを一件一件訪問して、提携先を開拓する。はじめはまったく実績と信用がなく苦難の連続。
1997
日本二輪車ロードサービス(株)設立
少しずつ提携先の店舗が増え、知名度も上がってくる。
「これはいける」と確信し、株式会社化。
大手企業との取引もはじまり会社は成長期へ。
1999
ジャパンベストレスキューシステム(株)へ社名変更
ここからカギや水まわり、ガラスなど日常生活トラブル解決のサービスを展開。
同時に社名をサービスと連動させるためジャパンベストレスキューシステムに変更。
2005
東証マザーズ上場
知名度、資本力のさらなる向上のために東証マザーズへ上場。
ここから会社は加速度的な成長フェーズへ突入。
2007
東証一部に市場変更&名証一部上場
マザーズ上場からわずか2年後。国内最大市場である東証一部に市場変更。
これで名実ともに国内トップシェアの生活トラブル解決企業に。
2008~2015
特化サービス提供のためグループ経営へ
ジャパン少額短期保険株式会社、株式会社ライフデポ、株式会社アットワーキングなど、
さらなる特化サービス強化に向けて企業出資を積極化しグループ経営へ。