SDGs実現への取り組み

国連サミットにおいてSDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)が採択されました。
この採択を受けて、当社では創業以来の「困っている人を助ける」という経営理念に基づき、SDGsを実現すべく「JBRのSDGs」の取り組みを行っています。

JBRのSDGs

ジャパンベストレスキューシステム株式会社は「困っている人を助ける」という経営理念のもと、日常生活の中で直面するカギ・水まわり・ ガラス等のトラブルを解決できるよう事業体制構築を進めてまいりました。現在では、全国どこへでも駆けつけることができるワンストップ サービスのインフラを構築しております。

国連で採択されたSDGsの「誰一人取り残さない社会の実現」に合致しており、販売・サービス提供の両面で提携関係の構築が重要な当社は、「17、パートナーシップで目標を達成しよう」を上位目標として掲げ、 提携拡大を通じての地方創生の推進(「11、住み続けられるまちづくりを」)や新たな産業基盤の構築(「9、産業と技術革新の基盤をつくろう」)に取り組んでまいります。
「8、働きがいも経済成長も」を目標とし、職場環境を整備し、従業員が健康で多様な働き方ができる制度拡充を進めてまいります。
社会環境の変化に対応しながら、事業の継続・拡大に努めることで、ステークホルダーの皆様に信頼され、社会から選ばれ続ける企業を目指します。

取り組み内容

取り組み内容イメージ

SDGsとの関連

SDGsとの関連イメージ